パソコンを使用している女性

中古ドメインでSEO対策を行うという方法があります。
そこで重要になってくるキーワードがドメインパワーです
ドメインパワーとはサイトで使用している中古ドメインについているパワーのことです。
SEO対策をとるにあたって有利に働く力のことで、新規ドメインにはないものです。
逆に新規ドメインを使用すると、使い始めにGoogleハネムーンの影響を受けることはあっても、ドメインパワーの影響を受けることはありません。
評価が高いドメインパワーを持っている中古ドメインはメリットが多いですが、逆にデメリットになるケースもあります。
ドメインパワーはGoogleの指標を伴っていて、新規ドメインの違いも大きくあります。
技術的なクオリティが同じ2つのサイトがあったとして、そのサイトが同時に同様なランクのコンテンツを作るとします。
一方はブログで記事を投稿した際にすぐに検索結果の上位にインデックスがされても、もう一つの方はインデックスされない現象が起こることがあります。
この時はドメインパワーが影響していて、それによってもSEO対策に大きな違いが出ると考えられます。
デメリットは良い評価を受けていないドメインパワーを持っている時で、以前使用されていた時にスパムとして使われていたり、ペナルティが課された経歴を持っている場合です。
結果的に自分のサイトでもペナルティを受ける可能性もあるので、注意が必要になります。
ペナルティが課されているコンテンツから被リンクを受けることも、同様の結果を招きます。
被リンクの数は多ければ多いほど良いと言われることもありますが、最近はその質も問われるようになってきたのでGoogleのガイドラインをしっかりと把握する必要があります。
個人的なブログを作成していてもサイトを長期的に運営していたり、それ以外でも取得したばかりの新規ドメインではパワーが弱い可能性が高いです。
個人のサイトでも質の良いコンテンツを定期的に制作していくことで、評価を徐々に上げていくことができ、最終的に検索結果の上位表示を目指すことができます。
しかしそこまで到達するには時間がかかりますので、早く上位表示を目指すには業者から良質な中古ドメインを購入することが一番の方法です。
この違いは大きく、信頼できる業者からの取得であれば、もしスパムドメインを取得してしまった時にも返品などのサポートがあります。
Googleに問い合わせることでペナルティ解除も依頼できますが、解除されるかは確実ではないのでリスクが高くなることもあります。