• ホーム
  • 「ブラックリストチェック」も中古ドメインには欠かせない!

「ブラックリストチェック」も中古ドメインには欠かせない!

ブラックリストチェックは中古ドメインを取得する際に、なくてはならないものです。その中で代表的なものとしてaguse.jpがあります。その他にはtestpage.jpやMGT.jpなども挙げられます。まずは、代表的なものから見ていきます。ブラックリストチェックは、ブラックリストに取得したい中古ドメインが入っていないかを調べるものです。調べたいドメインのURLを入力しクリックすることで、そこに出てくるブラックリスト判定結果で結果を知ることができます。全ての項目がセーフになっていれば安全とされますが、この方法だけで11種類ものブラックリストを確認することができる画期的なツールです。
アドセンスが使えるかも確認することで、Googleからのペナルティやスパムサイトの履歴がないかどうかも簡単にチェックすることができます。さらに他のツールであるtestpage.jpやMGT.jpをダブルで使用してチェックをすることで、さらに安全性が強化されます。前のオーナーが、詐欺などでそのドメインを使用していなかったかどうか、運用状況を確認することはキャッシュの状況を調べることと同様に大切です。このIP情報を知ることで、どのくらいの年代にたくさん更新されていたかや、いつぐらいに更新が行われなくなったのかまで知ることができます。
またサイトの内容はどのようなものかも知ることができますし、色々な情報をツールで確認することができます。このような情報を知ることで、毎日にようにコンテンツを更新し続けていたとか、数年毎に更新を止めているといった、以前の運用状況が手に取るようにわかります。もしかすると何らかのトラブルがあり更新をやめてしまっている可能性もあるので、数々のツールの使い方や特徴をよく理解したうえで上手に対策をとることが可能となります。ブラックリストチェックは色々なものがありますが、ひとつだけに頼らずよりたくさんのものを利用し、総合的に判断することが推奨されています。
スパムサイトや過去にペナルティを受けているものを知らずに使っていると、逆に良質なコンテンツを自分が更新し続けていてもトラブルを発生させる可能性があります。使い方はツールによって違いますが、aguse.jpは特に使いやすいツールとして評価されていますので、おすすめです。IPアドレスも確認することができますし、詐欺にあったとしても所在を知ることができます。色々なトラブルを解決・回避していく手段として、ブラックリストチェックは欠かせない存在といえます。