• ホーム
  • 【ドメイン基礎知識】そもそもドメインの仕組みって?

【ドメイン基礎知識】そもそもドメインの仕組みって?

パソコンを持っている男性

ドメインはネット上での住所のような役割で、存在しているコンピューターを特定する時に使用されます。一定のルールに従って作られている文字列のことで、ドメイン名はホームページなどの属性型JPにも用いられます。ホームページ以外でもメールアドレス、IPアドレスにも使われています。
ネットでホームページを公開する時には、そのデータを格納するサーバが必要になりますが、そこにはIPアドレスというサーバーの所在地が示されている数字が割り当てられます。ブラウザのアドレスバーに数字を直接入力しアクセスすると、そのサイトが表示されることになります。サブドメインは独自ドメインを細かく住み分けするために、任意で作成するドメイン名のことです。独自ドメインを設定しているときは、そこからサブドメインの作成が可能になります。IPアドレスは単に数字の組み合わせで構成されていますが、コンピュータはそれについて識別できても、人間はそれを識別するには困難な部分があります。ホームページの住所をわかりやすくして、さらに覚えやすくするためにも、ドメイン名を使用し数字を文字に置き換える方法が有利です。属性型JPも文字列にすることでわかりやすくなりますし、これらを紐付けることで識別が簡単になります。この役割は同様で同じものがふたつと存在していないので、重複することでサーバーの特定が不可能になってしまいます。
名前を取得することは常に早い者勝ちの状態で、仕組みを知っておけば自分の好きなドメイン名を取得することも簡単になります。ccTLDはネット上で使われるトップレベルドメインのことで、さらに国や地域を表すものとして割り当てられています。国内であればJPですが原則として標準規格で定められた国や、地域の2文字コードが流用され、さらに例外もあります。この仕組みはドメイン名の右からトップレベルドメイン・セカンドレベルで、さらにサードレベルと並んでいます。2つの種類に区切られているドメイン名の場合は、JPがトップレベルになるので様々な種類があり、さらに文字列によってccTLDの特徴も異なります。
DSNはデータベースの接続機構においても、プログラムからデータベースを操作する時に対象となっています。利用者の居住国に関係することなく、誰にとっても取得可能なドメインです。DSNは特に登録することができますが、データベースの所在を指名しているファイル名の他にも、管理しているデータベースの種類が必要です。