• ホーム
  • 【中古ドメイン】アクセス解析ツール5選!

【中古ドメイン】アクセス解析ツール5選!

アクセス解析ツールにはパケットキャプチャ型が存在していますが、サーバーに流れているトラフィックを監視しており、その状況を解析する機器に送信して解析することができます。またGoogle?アナリティクスはどのような人でも、無料で使うことができるサイト分析ツールなので、導入したその日からサイトの利用者訪問状況などを確認することができます。
流入経路はもちろんのこと、行動パターンなども知ることができるので、これらを把握しておくことで様々なアレンジが可能です。データの蓄積量が増えれば増えるほど、Google?アナリティクスで解析する部分の要素が多くなる性質があります。サイトを改善する手がかりもたくさんつかむことができますが、Google?アナリティクスを設定するには有料ツールとしてのサポートがなく、全て無料になっています。
多くのアナリストも独学で使い方を模索していますが、初心者には少し技術が難しい面もあり、導入手順や設定方法はプロ並みの知識が必要になります。パケットキャプチャ型は、サーバーに対して表示するリクエストを行うことができます。リクエストを受けることでイメージ内容をユーザーに送信する機能があり、このやり取りでデータ解析をマシンに取り込むという方法です。
Webビーコン型はタグが動作することで、アクセスされているデータを解析マシンに送信し、解析するシステムです。Webビーコン型は基本的に、サーバーに対してページ表示のリクエストを行うようになっています。サーバーログ型も似たようなシステムになりますが、ユーザーのリクエストが届くとアクセスログファイルとして記録されます。
解析マシンが更新頻度によってアクセスログを取り込み解析を行なっていくので、解析結果は基本的にはブラウザへ表示されることになります。サーバーログ型は最も身近なシステムですが、中古ドメインを使用するには欠かせない方法です。Adobe AnalyticsやVisionalist・User Heatなどでも行えますが、Ptengineなど全てのサーバーのログファイルを集める必要があります。
解析ツールによって異なりますが、中古ドメインでは更新の早いツールであれば数分単位で更新されるのでとても便利です。Adobe AnalyticsやVisionalistなどは、User Heatと違い解析結果はブラウザに表示されます。Ptengineは国内だけではなく海外でも使われているアクセス解析ツールなので、多くのサイトに導入されています。