• ホーム
  • 【要注意!】中古ドメインのトラブルまとめ

【要注意!】中古ドメインのトラブルまとめ

中古ドメインを使用することにより、インデックスがされないという問題があります。理由はいくつかあり基本的にリンク構造に問題がある傾向があり、サイトの内部や外部からのリンクのつながりが少ないブログ記事は被リンクの減少も考えられます。ページランクの減少も考えられ、結果的にインデックスされにくい状況に陥ります。
このようなサイトの種類は、外部対策をしていないサイトや、関連リンクを差し込まないサイトに多く見られます。Googleにインデックスされないことですが、このようなトラブル発生は原因や対策方法を知っていることで迅速な対応ができます。中古ドメインの期限切れやスパムドメインである可能性も高く、Googleガイドライン違反によってペナルティを受けていることも視野に入れます。検索順位では設定する際クロールの拒否をしているケースもありますが、選別などを踏まえてページランクの減少も考えていきます。リンク構造が貧弱な場合、クローラーが巡回しにくくなっているケースもあるので注意が必要です。
被リンクの減少はさらにサイト自体の質が低いケースもありますし、違反部分を修正して再審査リクエストを送信することで、インデックスされない状況が解決することがあります。期限切れの場合は、ウェブマスター向けガイドラインの記載にもある内容に違反している可能性があり、そういったサイトを構築することによりペナルティを受ければ、評価を落とす可能性もあると視野に入れます。サイトの評価が落ちるとこれらのトラブルにつながりますし、インデックスされない状況になる他、インデックスが削除されてしまうこともあります。
Googleガイドラインで違反項目として上がっているのは、コンテンツの自動生成やスパム・リンクプログラムへの参加などが記述されています。これにより選別することも難しくなるので、このような行為は避けることと、ガイドラインにそってユーザーの利便性を考えたコンテンツを作ることを意識しましょう。逆にペナルティを受けている場合は、その原因となっている部分を改善する必要があります。サーチコンソールから再審査リクエストを送信することができ、そこからペナルティを解除する申請を行います。
これにより検索順位が元に戻りますし、インデックスされない状況がなくなります。さらにGoogle検索結果へ自分のサイトが表示されるようになり、対象ページ・ディレクトリはインデックスされない状況になるケースもあります。