• ホーム
  • 不要なドメインは「中古ドメイン」として売れる!サイトを紹介

不要なドメインは「中古ドメイン」として売れる!サイトを紹介

パソコンを使用する男性

中古ドメインは不要になると、様々な媒体で売ることができ、販売サイトもたくさんあります。ドメイン名によりますが、サイトやホームページのアクセス数がかなり変わってきます。ドメインが売れる理由として、ネットで検索をするときに検索エンジンを使いますが、調べたいキーワードを打ち込み、情報を探し、ある言葉で構成されているドメイン名の場合は、そこにヒットする可能性が高くなります。
ムームードメインなどを利用すると売買手数料が取られるケースもありますが、自力で行うよりは時間の節約ができます。販売手数料には理由があり、ドメイン名が売れる価値があれば作る上でも有利になります。どのようなコンテンツなのかがわかる方が、ユーザーから見ても閲覧しやすい傾向にあります。売買手数料はムームードメインを始め、お名前.comでも同様のことが言えますが、出品方法に大きな違いが出てきます。
言葉や意味のあるものの方が、わかりやすいですし売り方も簡単になっています。SEO対策の面でも大きく影響していくので、ドメイン名が検索エンジンで検索されるようなキーワードには、ドメイン名だけではなくサイトやコンテンツなどのアクセス数を稼げるものと考えられます。この点が中古ドメインが売れる理由で、利用料金も売り方によって変わります。
利用料金は高いページランクでも変わりますが、効果が半減していると言われてもGoogle内での評価が高い中古ドメインを手に入れることが目標です。それを利用してサイトを構築することで、素早く評価の高いサイトを作り上げることができます。オークションにも出品することができますが、コンテンツマーケティング重視であれば、評価アルゴリズムが変更されていることにより、ペナルティを避けることが重要視されます。実際にドメインをオークションで販売するにあたって、出品方法はサイトによって異なりますし販売方式も違います。
手続きはサイトのマニュアルに沿って行うと間違いありませんが、どのような中古ドメインを取り扱うかによって、価格にも大きな差が生まれます。ネットオークションでの販売方式は、落札者を集めることも重要で手続きは必要ありません。価格は高いものであれば、100万円くらいまで跳ね上がるケースが見られます。ドメインは基本的に売れますが、それ以外でもお名前.comなどでドメインの買取りを行っている専門業者も存在しています。このような買取サービスに申し込むことで、自分の所有しているドメインを売ることができます。