• ホーム
  • 中古ドメインでサテライトサイトを作るメリット

中古ドメインでサテライトサイトを作るメリット

サテライトサイトは中古ドメインを使用する時に作るメリットがありますが、メインサイトにリンクを貼るという役割だけには止まりません。たくさんサテライトを作成してリンクを大量に集めて終了する手法は、ペナルティを受ける可能性が高まります。作成している場合は有効活用することが大切で、リンクを集める以外でも他に使い道がたくさんあります。
ドメインパワーは中古ドメインを使用することで付帯してきますが、そこからSEO効果も期待することができます。高品質な被リンクはもちろんのこと、SEO対策で大切なことは実績を出すことです。中古ドメインには色々な試算がありますが、サテライトサイトに中古ドメインを利用するには、付加価値をつけることで可能になります。その価値とドメインパワーの力を比例すると、サイトの質を踏まえたコンテンツになっていきます。長期間運用されている実績のあるドメインは、被リンク・ドメインエイジなどの観点から評価される可能性があります。価値のあるものからリンクを送ることで効果がさらに高まりますが、SEO効果も期待することができます。
さらに業者などで時間を効率化することができるのも、一つのメリットです。適しているものを使用することでメインサイトに最強のリンクジュースを使うことが可能です。時間や手間をかけることなくメインサイトで検索順位を上げることができ、即効性も期待できることから良い面がたくさんあります。中古ドメインの利用には、目的を明確にして使っていくことが大切です。作成するときは明確な目的を持つことで、効率化を上げることができますし、計画的に行うことも可能です。効果的に上位表示させたいとしても、ドメインによっては難しいこともあります。
サイトの状態や今後の計画をしっかりと固めていき、どれくらいのコンテンツがありユーザーが流入しているのかを分析します。これによりどのようなサイトがどのくらい必要なのかが、明確にわかってくるのでサイトをリリースした直後から効果が見えるケースもあります。業者で取得する中古ドメインでも、価値があるものであればそこからの流入が期待できます。リンクを送るときにメインサイトへ行くための入り口になることもあり、たくさんのリスクを見極めることが可能です。検索順位の上位表示は中古ドメインの評価にもよるので、この部分を上げていくことが目的達成をするにあたって大切になってきます。